ご挨拶

人が、その持てる力を最大限に発揮できるようにお手伝いします。

性別・年齢・病気・ケガなど環境は、皆様違います。
仕事でも家庭でも趣味でも遊びでも、皆様の日常が、未来が少しでもよくなる。
これが、健康であり治るということだと信じています。

カラダの調整は、健康を保つために必要なことだと思います。
皆様が抱える問題を少しでも解決するために貢献します。
当院では国家資格者が施術します。安心してご利用ください。

晴れ晴れとして楽しそうな様という意味が『うららか』にあります。
また、ロゴマーク「U」から生えている葉は駒繋(コマツナギ)です。

駒繋は、茎がしっかり根もしっかりと張ります。
ですから、馬(駒)を繋いでおけるほどだというのが名前の由来です。
馬が好んで食べるので、馬を引き留めておける(場につなぐ)からともいわれています。

花言葉は『希望をかなえる』
出会う皆様へ向け、『うららか』に『希望をかなえる』場所になれば素敵だと思い作りました。


身体を治すより
身体を創る


profile

プロフィール

院長 目黒 映里子

– Eriko Meguro –

[資格]
・柔道整復師(国家資格番号 第六五七二三号)
・BASIピラティス マット&マシンコース終了
・ITTピラティス エッセンシャルエクササイズコース終了
・側弯症トレーニング認定トレーナー
・産前のためのマタニティピラティス指導者認定
・産後のためのリカバリーピラティス指導者認定
・エボリューションウォーキング(EVOLUTION WALKING) インストラクター
・CFR(CORE FITNESS ROLLER) インストラクター
・FRP (Functional roller pilates) アドバンスインストラクター
・ストレッチーズ トレーニングコース終了
・JCCA(日本コアコンディショニング) ベーシックインストラクター

履歴
関東柔道整復専門学校で3年間就学

同時期に日本カイロプラクティックセンター阿佐ヶ谷、ふれんど接骨院にて従事

国家資格取得後、うららか整骨院を
2010年開業


「身体を治すより、
身体を創る」
コンセプトの元

2020年 うららかピラティス開業

ピラティスは
自分自身の身体を

自分の意思でコントロールする
「コントロロジー」です。

ピラティスには
自分自身を探究する価値があります。

「そのあと何をしたいですか?」

安静にするとはどういう事か、
安静にしすぎるのもよろしくないのは
本人が理解しているものの、
どこまでが大丈夫なのか、
出来ないことは出来ないと言える環境を作りながら、
一緒にお手伝いできればと思います。

私とお目にかかれる方(お客様)のその先にある人生、
自分の足で歩き続けたい、
健康でありたい、
など
何かしたくなる、
何かしらのキッカケ、
手段のひとつとしてのピラティスを
通して
寄り添うお手伝いが出来ればと
思います。