初めに、当院の整体施術者は、国家資格者です。ご安心ください。
最後の方に書きますが、国家資格もってますけど、整体の名前を使ってるだけです。

では、違いについて、結論から書きます。
【国家資格の有無】ザックリとした答えは、これだけです。

施術の技量以前に、規則を守る人かどうか?

信用・信頼できる施術者なのか?

これがすぐにわかります。

開業して以来、この質問がお客様から1番多かったです。

街を歩けば、接骨院・整骨院・整体院・鍼灸院・指圧・カイロなど数多くありますね。

これだけ沢山あれば、わけがわからん!!

となるのも必然ですね。

国内で上に書いた施術院のなかで国家資格でないのは、整体院とカイロです。

整骨院と接骨院は同じです。名前を少し変化させただけです。
それに鍼師灸師がプラスされると鍼灸整骨院とか針灸接骨院とか
いろんな屋号が出来るわけです。

国家資格の有無で何がわかるでしょう?

国内で決められた規則がある。

規則を守り頑張って開業した人が国家資格者。

規則を知らずか、規則を守らなくて開業した人が無資格者。

国家資格保持者は、数年間学校に通い実技試験も受け
国家試験も受けてなれます。

人のカラダに施術する上で、必要最低限必要な知識と技能を国が認め保証した人です。

解剖学・生理学・運動学ほかにも色々学びます。

いろんな施術院に行きました。

国家資格を持たない整体とカイロの人たちは、知識や技能に差があります。

ちょっと簡単な筋肉の名前を聞いても答えられない人が多いこと。

中には凄い技術を持つ方もいました。

だけど・・・

日本で人に施術する上で決められたルールがあるのだから、
守るべきだよなぁーというのが当院の考えです。

整骨・接骨は急性症状のあるケガを施術する所です。

屋号に骨ってついてますけど、レントゲンとれません。

骨折や脱臼は医師の同意があって施術できる制限があります。
骨が皮膚から飛び出てたり擦り傷で血が出てたりすれば施術できません。
いろんな制限があります。

ほねつぎの時代なら需要があったのでしょうが、
現代は街に病院たくさんありますから、骨折や脱臼なら病院に行くべきですね。

当然、急性期だけなので保険も短期間という制限があるわけですね。

なので当院では、急性症状のある打撲・捻挫・挫傷は整骨で保険でみてます。

交通事故治療も整骨のケガ施術になるわけです。

世間では整体という名前のほうが整骨より認知されてる事実・・・

お客様に聞くと、整骨・接骨って骨に異常がある方が行くところ。

このようなイメージをもつ方が多いです。
骨って書いてるから。

でも違う・・・

骨以外の筋肉(解剖学)・カラダのバランス(運動学)徒手療法(マッサージ・テーピング)物理療法(医療機器の取扱)

色々病院でケアできないカラダのメンテナンスに精通してるんです。

なので、骨という文字をやめて

保険外で出来ることは、整体と名乗りコース名にしました。

肩こり・腰痛・疲労回復・姿勢改善など、体のメンテナンスでお悩みの方ご来院くださいませ。

ということで、整体のご予約お待ちしております。

ではでは。