ギックリ腰で病院にいったんですけど・・・

歩くのも困難で、ヒィーヒィー言いながら

這うように病院にいったんです。

レントゲン・MRIなど精密検査をしました。

医師の1言【どこも異常ありません】

えええええ!!!
歩けないほどの腰痛なのにそりゃないでしょ!!

痛み止めの薬か注射とシップで終わり。あっあとコルセットも。

Y先生どう思います?と質問がよくあります。
Y先生=当院の整体担当

嘘みたいですが、あるある話です。

医師は、異常がなくてよかった〜とホッとしてる。

腰痛のコラムで書きましたが、医師が異常があるというケースは15%の腰痛です。
ぎっくり腰は、病気でもなく、骨に異常ない85%の腰痛です。

なので医師は、ホッとして
「異常はないです=病気でも骨の異常でもなくよかったですね」
と言います。そのような役割なのです。

患者の考える異常ありが、医師の考える異常ありとマッチしてないんですね・・・

開業して、腰痛やギックリ腰のコラムをワザと書かなかったんです。
だけど、書いたほうがいいかなぁーと・・・

見解の相違が多すぎ・・・

ご予約お待ちしております。

ではでは。